債務整理の注意点とは?

債務整理の注意点とは?

債務整理を行う場合、いくつか注意しておかなければならない注意点があります。
この注意点を無視してしまうとスムーズに債務整理を行うことが出来ない場合があるので、事前にチェックしておくようにしましょう。

 

まず債務整理を行う前に、一度も返済を行なっていない借り入れ業者がいないかどうかを確かめましょう。
もし一度も返済せずに自己破産を申し立てしてしまうと、詐欺破産として最初から返済の意志がないものと捉えられてしまい、免除されない可能性もあります。

 

もちろん全てにおいて詐欺破産と判断されるわけではありませんが、確実性を伴うためにも一度も返済していない業者がある場合には事前に弁護士などに相談の上、債務整理を行わなくてはなりません。

 

また債務整理を行う方がよく見落とす点として、クレジットカードを利用してのショッピングやカードローンを利用した際の借金がどのくらいあるのか把握する事が挙げられます。

 

キャッシングサービスを利用した借金について自己申告される方は多いのですが、クレジットカードでのショッピングやカードローンは整理することが出来る借金ではないと勘違いしている方が多く、申告されないケースが多いです。

 

しかしこれらも立派な借金であり、債務整理の際の対象となるので申告しなければなりません。

 

また保証債務と言われる、他の方の借金の保証人となっている場合も、保証債務を借金として申告しなければならないので、あわせて注意が必要です。