債務整理をするとどうなる?

債務整理をするとどうなる?

実際に債務整理をした後、自分の身の回りはどう変化してしまうのか、気になる方もいらっしゃるでしょう。
債務整理は借金の減額・免除以外に様々なメリットがあり、一方でデメリットとなる部分もあります。

 

まずメリットの部分として、借金の取立・催促が一切なくなることが挙げられます。
借金の取り扱いは全て依頼した法律事務所に託されるため、債権者の取り立てや請求に関する問い合わせも全て法律事務所に行わなければならなくなります。

 

これを破って個人に直接取り立てや請求を行うと金融監督庁財務局から営業停止処分や場合によって刑事罰を科せられることもあります。

 

そのため債務整理後は安心して、のびのびと過ごすことができるようになるのです。
さらに過払い金請求によって支払い過ぎていた利息分などが自分のもとに返ってくることもあります。

 

また個人再生手続きなど住宅や車を維持しながら、借金を大幅に減額する方法もあり、方法によっては生活スタイルを変えないで債務整理を行うことも出来ます。

 

特定調停以外は弁護士に任せれば全て行なってくれるので、無駄に悩む必要もありません。

 

一方デメリットとしてブラックリストに登録されるのでクレジットカードやキャッシングが5〜7年間利用できなくなります。

 

また闇金から狙われやすくなるので注意しなければなりません。
さらに自己破産の場合は高額な財産は全て処分され、さらに特定の職種の場合仕事を辞める必要があります。

 

このようにメリット・デメリットありますが、基本的には借金ができなくなる以外は大きな変化はありません。
むしろメリットが大きい場合が多いので、まずは気軽に法律家に相談してみましょう。