債務を一本化するのは得策ですか?

債務を一本化するのは得策ですか?

複数の貸金業者などの債務・借金は、手続きをふむことで一本化させることが出来ます。
この一本化ですが、具体的には多重債務者が銀行などから低金利でお金を借りて(貸付)そのお金で他の貸金業者の借金を返済していくことで、その銀行に借金をまとめてしまうことを、債務の一本化と言います。

 

銀行は貸金業者に比べて金利も低く、そのためこれまでよりも低い金利で返済を行なっていくことが出来るようになります。

 

また一本化することで返済日や続きの返済額など借金の管理が楽になります。
さらによほどひどい借り入れ状態でなければ無担保・無保証で貸付を受けることが出来、またその際の手続も無料なので安心です。

 

このように一本化することによってメリットも確かにあります。

 

しかしながら一方でデメリットもあります。それは一本化することで利息制限法を超えた金利を貸金業者に返済しなければ完済にならないため、将来発生する金利を現時点で支払わなければならない事になります。

 

このため仮に現時点で借りている金利が低くなっても、結局その金利分を支払わなければならないのです。
このため返済が長期化してしまい、より負担が長引いてしまうこともあります。

 

一方任意整理の場合は利息制限法で定められている上限金利に引直計算を行うことで、返済した超過金利分を元本に充当し、金利の過剰な返済を抑えることが可能になります。

 

さらに任意整理では原則元本のみを返済すれば良いので、将来高額な金利を返済する必要もありません。

 

このように一本化よりも任意整理のほうが返済しすぎた金利を回収し、さらに将来の金利を返済しなくて良い点が有利と言えます。