家賃の滞納分も債務整理できるのか?

家賃の滞納分も債務整理できるのか?

債務整理を行うと、法律上の非免責債権を除いたものに関しては全て債務整理の対象に含まれます。
そのため家賃の滞納分に関しても、非免責債権ではないため債務整理することが出来ます。

 

これはどの債務整理を選んだ場合でも、家賃の滞納分も含めて整理することができるので、整理の際に弁護士に相談するなどして検討することが重要です。

 

しかしながらひとつ問題が発生します。それは管理会社や大家に相談なしに、家賃の滞納分について勝手に債務整理を行なってしまうと、その時点で居住権を失い、住んでいる場所から立ち退きを命じられてしまう可能性も大きくなってしまうというものです。

 

もし債務整理後もその住居で暮らしていくことを希望する場合は、大家さんや管理会社などに事前に事情を説明・相談しましょう。
そして家賃を滞納しているなら、滞納分についての支払い方法や免除・減額などについても相談した上で債務整理を行いましょう。

 

勝手に家賃の滞納分を全て債務整理で免除させてしまうのではなく、なるべく交渉や和解によってスムーズに債務を整理していくことを念頭に行なっていくことが大切です。

 

また家賃の滞納分も債務整理が可能だからといって、最初から家賃を支払わずに生活し続けて、債務整理の際に家賃滞納分を含めてしまうと、詐欺罪などに該当して刑事罰を受けてしまう可能性があるので、きちんと払える家賃は払うようにしましょう。

 

これは他の滞納分・損害遅延金に関しても同様です。